So-net無料ブログ作成
検索選択
スポンサーリンク
FX、外為のなかでもなじみの深いドル円で稼ぐため。 経済指標、要人発言、IMM(シカゴ筋)ポジション、くりっく365 為替売買動向、ポジション比率(外コム)など、ドル円のさまざまな情報を集めています。 トレードの参考にしていただければ幸いです。



フィボナッチ [FX用語]

フィボナッチとは…

13世紀のイタリアで数学者であったフィボナッチが発表した「連続した二つの数字の和がその上位数になる」という数列をフィボナッチ数列と呼ぶ。
最初の数項は1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89, …となる。
この数列では、どの数字も上位の数字に対して0.618:1に近づいていく。
また2つ上位の数字に対して0.382:1に近づいていく。
テクニカル分析においては、この0.618と0.382という割合を相場反転時の戻りの目処として利用する((高値ー安値)×0.618or0.382)ほか、移動平均にフィボナッチ数を利用することがある(21などがよく利用される)。
日本の3分戻し、半値戻しにも相呼応する。

フィボナッチ計算機をサイドバーに設置しましたので、よろしければご利用ください。


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。